安心の条件

ここでご紹介する施設は、眼科専門医で角膜治療の専門家であるお互いが信頼し、紹介し合える医師またはクリニックであることを第一条件に、下記の条件を満たしていることとしております。


  • 1  お互いが信頼し、紹介しあえる医師または施設である
  • 2  執刀医が「眼科専門医」であると同時に、角膜の生理や疾患、眼光学に精通している
  • 3  執刀医が、日本眼科学会の指定する屈折矯正手術講習会、
        および使用機器の製造業者が実施する講習会の両者を受講し、修了証を得ている
  • 4  執刀医および担当医が、レーシック手術だけでなく眼科診療一般の知識を持ち対応ができる
        (感染症などの手術における基本的な対策が当然なされている)
  • 5  術前検査と適応の見極め、手術に至るまでのプロセスを、時間をかけて丁寧に正確に行っている
  • 6  術後のフォローアップ(定期健診や合併症の治療)を何度でもきちんと行う
        (患者さんの目の状態につき、最後まで、生涯におけるフォローを行う)
  • 7  原則として、厚生労働省が認可したレーザーをはじめとする医療機器を使用している
  • 8  日本眼科学会によるエキシマレーザー屈折矯正手術のガイドラインを順守している